前へ
次へ

がんゲノム医療によってどんな治療が受けられるか

健康診断や人間ドック、その他体調不良による医療機関受診をきっかけにがんが見つかるときがあります。
がんにはステージがあり、早期であれば外科手術によって患部を取り除く方法を取るケースが多くなります。
がんは色々な臓器で発症しますが、それぞれの臓器で進行度合いなどが異なります。
進行がゆっくりの臓器もあればすぐに転移してしまう臓器もあります。
そのために臓器ごとに異なる治療方法をとるのがこれまでの流れになっていました。
新しい治療の方法としてがんゲノム医療があります。
動物それぞれには遺伝子がありますが、遺伝子情報は個々に異なります。
その遺伝子情報を分析してがんの性質を見極め、その人に合った治療を行って行く方法になります。
胃がんだからこの薬を使えばいいと考えるのではなく、その人の遺伝子はこうだからそれに合った薬を処方しての治療が行われます。
この治療方法を使うとより効果的に副作用の少ない治療方法を選べるようになります。

Page Top